安蒜道場について

about_ambirudojo

武道空手 安蒜(あんびる)道場について

武道空手 安蒜(あんびる)道場は、神奈川県横浜市港南区にある空手道場です。
男女国籍問わず、3歳から何歳でも空手を修練する事ができます。

本道場は、少林寺流空手道錬心舘 関東地区本部 今井道場に所属しており、今井道場で伝えている武道と空手道の精神と技術を習得する事ができます。

今井道場についてはこちらを確認ください。「今井道場について

 

安蒜道場で学べること

道場で鍛えるものは「心」と「身体」です。

安蒜道場では、「心」において3つの事を鍛え、「身体」においては2つので学びます。

『心』

  1. すべてを受け入れる心
  2. すべてを許す心
  3. 何度でも立ち上がる心

『身体』

  1. 礼の心(感謝)と作法
  2. 護身術

 

いじめに負けない強い心・人の心の痛みがわかり、他者に優しくできる心を鍛える。

不当な暴力や身体への危険を回避する事のできる「護身術」だけでなく、心身を鍛え、礼節や思いやりの心をはぐくむ空手道です。

子供を持つ親御さんから、港南区の小中学校が荒れているとも聞きますが、それが本当であれば、同じ地域に住む者として、非常に心苦しく思っています。

いじめに悩むお子さん、またはご両親だけでなく、社会生活において、多くのストレスを抱えている方に少しでも私の学んだ「武道の精神」と「空手道」がお役に立てればと考えています。

 

己を「押し」て「忍ぶ」、「押忍」の精神。

己の自我を抑え、心を空にして、素直に他者の助言を聞き入れ、感謝する事ができれば、どこに行っても誰と過ごしても、うまくやっていけるはずです。「押忍」の精神を学ぶことで、周りに敵をつくらず、自分を支えてくれる味方が多くできれば、「無敵」となります。

 

仁義礼智信に加え巖勇

自分と自分の周りの人間が、心豊かな日常を送るために必要な五徳(ごとく)に加え、武道を行う者として必要な『巖』『勇』を稽古を通じて共に学びます。

  • 『仁』
    人を思いやり、人の立場になって物事を考えられる
  • 『義』
    道理に外れない、人としての生き方(仁は人の心なり、義は人の道なり)
  • 『礼』
    人に感謝し、人を立てる心
  • 『智』
    深い知識、洞察力
  • 『信』
    偽りを言わない、約束を守る
  • 『巖』
    己に厳しくする心
  • 『勇』
    己を奮い立たせる勇気

 

指導員

稽古をしたみんなが「笑顔」で帰路につく、そんな道場にしたい。

 

12294881_910213842390017_3314813059438877275_n

指導員:安蒜 隆平(あんびる りゅうへい) 1981年生まれ

はじめから上手にできる人はいないし、ずっと上手にならない人がいないのが【武道】です。

武道である空手を通じて、不当な暴力から己の身を守れる身体的な強さだけでなく、困難
に立ち向かう事ができる強い心を共に育てましょう。

子供だけでなく、親子、または大人の方が、土曜日の午前中に武道精神に触れる事で、楽しい週末と活力に溢れた翌週を過ごせるような道場にしたいと切に想っています。