心づくりについて

kokorodukuri1

『武道』を通じて育む、人に信頼され、困難から逃げずに受け入れ立ち向かう自分作り。

武道空手安蒜道場の修行理念は、自分の欲求を押しで忍び、自分の事よりも、目の前の相手や自分の周りの他者が、何を求めているかを見ること。
そして、そこから何を感じ、どう行動するかを考えられ、実際に行動に移すことができる自分作りを大切にしています。

それを身に着ける過程で学ぶ、自分のことだけで手一杯にならず、他者に対しての思いやりや感謝の心づくりはは、現代の社会生活や学校生活でも生かされ、かならず修行に励んだ者の人生の助けになると信じています。

※本道場の理念は、大本である『錬心舘 武道空手今井道場』の修行理念を基づいております。

 

他者を思いやる気持ちを育む。

空手は、スポーツではなく「武道」です。
試合に勝つ事だけが重要ではありません。

試合において、突きや蹴りなどの攻撃をして、誰かに勝つという事は、相手がやられてイヤだと思う事を率先してやった「結果」です。

「勝つ」ためには、自分のことだけを考えていては到底無理です。その過程において、相手を観察する事、相手の思考を理解する事ができていなければなりません。

逆にそれを使い、相手がやられたら喜んでくれる事を率先してやる事に使えば、それは「他者を思いやる気持ち」になるはずです。

スポーツでは結果を重要視しますが、武道においては、修行をする過程で得られる「自己の内面的な成長」を重視しています。

よく言われる

「強いとはやさしいという事」

の理由の1つには、こういった事もあるのではないかと考え、稽古に参加する人々に伝えていきたいと考えています。